産婦人科

診療案内

妊婦検診

妊娠の診断から妊娠9力月まで行っています。妊娠初期(8週~12週頃)の4D立体画像による胎児観察や妊娠17週頃には超音波による胎児の詳しい検査を行っています。また妊娠5力月初期に羊水の染色体検査も行っています。時期に合わせて分娩施設を紹介させて頂きます。

羊水検査料金 (税込)
¥100,000
200回~300回に一回流産の可能性があります。

婦人科検診

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、子宮内膜がん、卵巣腫瘍等。細胞診や超音波検査等により行っています。

乳がん検診

視触診と超音波検査により行っています。若年婦人(特に40才以下)にはマンモグラフィーよりも超音波をお勧めしています。

思春期相談

初潮遅発症、稀少月経、神経性食思不振症等の相談に応じております。

ブライダル・チェック

結婚前の性病、風疹抗体、B型C型肝炎等の検査を行っています。

更年期障害

ホルモン補充療法、プラセンタ注射、漢方療法、鍼灸治療。

子宮脱

リングペッサリーによる治療を行っています。

子宮内避妊用具

子宮内黄体ホルモン放出システムのミレーナという器具を使用しています。1年間に妊娠する確率は約500人に1人です。(ミレーナメーカー記載)5年間もの長期にわたって装着可能です。

ピル外来

避妊に低用量ピルを処方しています。ピルの副効用としてニキビ、月経過多、月経前症候群、生理痛の軽減や、卵巣がんと子宮体がんの予防というものがあります。
緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)も処方しています。性交後72時間以内だと作用があると言われています。

料金(税込)
低用量ピル:¥3,240
緊急避妊ピル:ヤッペ法;¥5,400、ノルレボ;¥15,000 

男女生み分け

男児希望の時はグリーンゼリーを投与しています。女児希望の場合はピンクゼリーを使っています。

産婦人科小手術

流産手術・人工妊娠中絶手術・子宮内膜掻爬術・採卵等を施行しています。当院では麻酔科医である副院長立ち会いのもとで産婦人科の担当医師が小手術を施行していますので落ち着いて受けていただいています。
*手術の必要な方には近隣の連携医療機関への紹介を行っています。

不妊症・不妊治療

元気で健康な赤ちゃんを腕に抱いて頂くために新しい医療を提供させて頂きます。卵巣刺激による多発排卵ではなくより自然に近い方法でタイミング法や人工授精の治療を優先しています。女性の過剰な精神的・身体的負担を軽減し、より健康な卵を得るように工夫したいからです。
クロミフェン誘発周期やゴナドトロピン多発排卵周期による体外受精や顕微受精を行っています。余剰胚の凍結融解胚移植も行っています。
必要により鍼灸治療を行うこともあります。胚移植時に鍼灸治療を行うと着床率が上ることが報告されています。

料金(税込)
・人工授精:¥20,000/回 治療回数:1回~6回
・多発排卵による体外受精:¥170,000/回(顕微授精の場合は+¥70,000) 治療回数:1回~6回
 卵巣過剰刺激症候群のリスクがございます。
・胚移植:¥30,000/回 治療回数:1回~10回
・初期胚凍結:¥70,000/回 治療回数:1回~10回
・凍結胚1年更新:¥30,000/年
・胚融解:¥70,000/回 治療回数:1回~10回